グラフィックデザイナーになるには?

グラフィックデザイナーになるには?

人がアッと驚かせるようなデザインを作ってみたいと思ったことはありませんか?もしそうであれば、グラフィックデザインの仕事に向いているかもしれません!デザインに特化した大学に通うことで、専門的なスキルや資格を得ることもできますが、そうでなくてもグラフィックデザイナーになることは可能です。

グラフィックデザイナーは、この現代のデジタル社会で大きな役割を果たしています。毎日至る所で目にする、素晴らしいビジュアルを作り出しているのは、グラフィックデザイナーらなのです。印刷物やゲーム機、テレビ、ウェブブラウザ、SNSプラットフォームなどのデジタルメディアを含む、あらゆる様式のエンターテインメント、広告、ニュースを作っています。この記事の続きを読めば、グラフィックデザイナーになるためにすべきことがすべて分かるでしょう!

プロのデザイン団体「AIGA」によると、グラフィックデザインとは「アートであり、アイデアや技術を、創造し、計画を立て、テキストやビジュアルを用いて実現させたものである」とされています。要するに、興味深いイメージを視覚的に作り上げ実現させたものが、私たちを取り巻く世界を形作っているのです。こうした基礎知識があることで、グラフィックデザイナーとはどういった人のことをいうのか理解できるでしょう。

グラフィックデザイナーとはどんな仕事?

そもそもグラフィックデザイナーとは、ビジュアルコンセプトを作るプロデザイナーのことで、クライアントに対して何かを伝えたり、アピールしたりするアイデアを表現するのが主な仕事です。作業には、コンピューターソフトを使用することもあれば、手書きで行うこともあります。グラフィックデザイナーは、場合によっては、グラフィックアーティストやコミュニケーションデザイナーと呼ばれることもあります。

広告、パンフレット、雑誌やレポート等、制作物の用途に合わせ全体の外観や構成を作り上げていき、テキストとイメージのどちらも使用します。そしてアートとテクノロジーを組み合わせ、ウェブページや印刷物の画像やレイアウトを通じアイデアを表現していくのです。

では、グラフィックデザイナーの具体的な仕事内容には、どういったものがあるのでしょうか?グラフィックデザイナーは、かなり多くの創作活動に関わるのですが、以下にてその一部をご紹介します。

– クライアントやアートディレクターと、プロジェクトの方向性を決定する

– デジタルイラストレーション、画像編集ソフトやレイアウトソフトを使用し、デザインを作成する

– メッセージが伝わりやすいよう、ロゴやオリジナルイメージ、イラストといったビジュアル要素を作成する

– 色、イメージ、様式を含め、全体的なデザインを決定する

– クライアントやアートディレクターにデザインコンセプトを提出する

– クライアントやアートディレクターから修正指示を受け、最終デザイン案に落とし込む

– 印刷や出版をする前に、デザインに不備が無いかをチェックする